記事一覧

任意整理の受任と業者への通知

(1)債務負担・多重債務に至る事情の聴き取り
任意整理は、消費者については生活再建のため、自営業者については経営再建のために行うものであり、特に分割払いの示談を行う場合には、今後数年間にわたる分割払いが確実に実行されるようにしなければならない。しかし、多重債務に陥る事情の中には、無駄や浪費、計画性の不足、収支計算自体の不備などの事情が存する場合も多い。これらの事実に目を向けないまま任意整理を行っても、示談成立後間もなく支払困難・不能の事態が発生してしまうことになる。

そこで、法律家が任意整理を受任するに当たっては、できるだけ丁寧に多重債務に至る原因を聴取し、債務者との間で、多重債務の原因となった事項をどのようにして是正すべきかについて話し合うことが不可欠である。これが任意整理におけるカウンセリングの中心テーマである。そして債務者に対して、多重債務に陥った原因を改善し、前向きに生活再建・経営再建に取り組んでいく意欲をもつように導くのである。

(2)債務の内容の聴き取り
債務の内容の聴き取りに当たっては、すべての債務について任意整理を委任するか否かはさておき、ともかくすべての債務を書き出してもらうことが不可欠である。債務者は、商品を返還したくないクレジット債務、保証人が付いている債務、個人に対する債務などについて、弁護士には申告しないまま支払を継続しようと考えている場合が多いが、これらの支払を弁護士が把握していなければ、債務者の支払能力について判断を誤り、示談成立後間もなく支払困難・不能の事態を招く結果となる。

債務の内容を聴き取るに当たっては、当初の取引がいつ頃であるか、現在の債務額、月々の支払額、取引の中断の有無・期間、借入額増額の時期・金額、保証・担保の有無、契約書・領収証の保管状況等を聴き取っていく。依頼者本人に一覧表に記入させるだけでは、特に「当初の取引の時期」の意味などについて正確に理解しないまま記入されてしまい、返済計画案作成に当たり判断を誤ることになる。業者によっては、消費者に対しても一〇〇万円、二〇〇万円という多額の増額融資を行っている場合もあるので、いつ頃切替で一〇〇万円、二〇〇万円という金額になったのかを確認しておく必要がある。さらに取引の中断の有無・期間も確認し、過払金充当の可否も検討しておくのがよいであろう。